ダイの大冒険 13巻(新装彩録版) ~大魔宮突入!~

こんにちは、つぐっと(@tsugutto)です。

ダイの大冒険 新装彩録版 の13巻を読み終えました。

死の大地で大魔宮の入り口探し~ハドラー戦開始までの巻ですね。

表紙は真魔剛竜剣を構えたバランです。

前巻最後のハドラーは幻でしたね。

読めば思い出しますが、忘れていた内容でした。

一方、遊撃隊を結成したチウが死の大地へ。

「隊長は部下を必死で守るものなのだぁっ!」

って、セリフが耳に痛いですね。

世の中、責任の押し付け合い、

面倒なことには我関せずってシーンが多いですかね。

絶対絶命のチウを助けたのはまさかの人物。

結果として、ダイとバランの共闘となりますね。

クロコダインの「竜の親子が行く・・・!」

が私的に何だかとても印象に残るセリフになってます。

名言でもなんでもないんですけどね、なんででしょう。

まぁ、その竜の親子をポップのルーラが軽々と抜いていく訳ですが。

そして、みたび死の大地へ。

地上では、
ポップ・マァム・クロコダイン・ゴメちゃん vs 親衛騎団

大魔宮内では、

ダイ・バラン vs ハドラー

の戦いが始まる!というところでこの巻は終了です。

地上は劣勢。

大魔宮内は優勢。

そんな感じを初見時は抱いていましたね。

地上の方の決着は忘れてしまいましたが・・
ハドラー戦側の結末は覚えてますね。

もう物語は終盤の様相ですけども、

巻数的には丁度中間なんですよね。

続けて14巻を楽しみたいと思います。

ブログ村バナー

ブログ村バナーPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる