【蒙古タンメン中本】北極JAPAN【お祝いの時に食す一杯】

蒙古タンメン中本 北極JAPAN

こんにちは、つぐっと(@tsugutto)です。

10月の下旬に「蒙古タンメン中本 船橋店」にて、限定メニューの「北極JAPAN」を頂きました。

中本メニュー28杯目の紹介となります。

前回の「水蓮火」から1か月近く空いてしまいましたね。

「北極JAPAN」は、船橋店では、 10/25 ~ 10/31 で食べられるメニューでした。

北極にJAPANって?

気になるネーミングですよね。

それでは、食べた感想を書いていきます。

目次

北極JAPAN

こちらが「北極JAPAN」になります。

蒙古タンメン中本 北極JAPAN
北極JAPAN

お値段は 970円 です。

写真は、サービスウーロン茶付きの状態です。

辛さは 10 のメニューとなります。

北極ベースで辛さが10のメニューとなっています。

「JAPAN」の正体は、JAPANは日本ということで、日本のお雑煮をイメージして考案されたメニューになっています。

元々は、1月の限定メニューとして考案されたメニューのようですね。

通常の北極より辛い、辛さ10のメニューですが、写真の見た目の通り、辛さに影響されていないシイタケやカマボコ、ほうれん草などが乗っているので、口休めの具材は多い一品です。

食べた感想

スープのアップはこんな感じです。

蒙古タンメン中本 北極JAPAN
北極JAPAN スープアップ

上に乗っているシイタケ、カマボコ、ほうれん草、ゆず、ネギの他に、スープの中にお餅、鶏肉、ニンジン、ダイコンなどが入っていて具沢山な一杯です。

お餅とダイコンがまた辛いスープと合わさって美味しいんですよねぇ。

ダイコンなどは、スープがよく染みています。シミシミダイコンですね。

豚バラが入ることの多い北極スープにおいて、鶏肉というのもいつもと違った味わいで美味しいです。

中本の道によると、和風だしとのことですが、まぁ北極の味が強いですよね。

お正月に食べるイメージの強いお雑煮をイメージされている「北極JAPAN」。

中本各店でも、お正月の限定メニューとして出されていることが多い一杯です。

では、なぜ、10月末のこの時期に「船橋店」で出ているのか。

それは、船橋店が入っているビビット南船橋が17周年を記念したイベントをやっているからです。

建物の周年祭に合わせて北極JAPANを出す。いいですよね。

また、お正月に出た時にも食べに来るんだろうなぁ…と思いながら、完食。

蒙古タンメン中本 北極JAPAN 完食
北極JAPAN 食後

美味しかったです。

ごちそうさまでした。

お祝いの際に食べられる和の一杯、いかがでしょうか。

それでは、また。

ブログ村バナー

ブログ村バナーPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる