【PS4】アクトレイザー・ルネサンス【レビュー・感想】

アクトレイザールネサンス

こんにちは、つぐっと(@tsugutto)です。

9月24日、ニンテンドーダイレクトにて驚きの発表がありましたね。

スーパーファミコンの初期の名作といわれる「アクトレイザー」。

そのフルリメイクの発表と、配信がまさかの同時発表。

フルリメイクを発表した日に配信なんて、記憶にないですよね。

タイトルは「アクトレイザー・ルネサンス」。

PS4 アクトレイザールネサンス PS4
タイトル

マルチプラットフォームで発表されましたが、そのうち、PS4版を買って少し遊んでみましたので、感想を書いてみたいと思います。

目次

アクトレイザー・ルネサンス 概要

「アクトレイザー・ルネサンス」は、スーパーファミコンで1990年にエニックスから発売された横スクロールアクションと、街づくりシミュレーションが融合したゲーム「アクトレイザー」のフルリメイク作になります。

ソフトの概要的には、

名前   :アクトレイザー・ルネサンス

ジャンル :クリエイション・アクション

発売日  :2021年9月24日

対応ハード:Switch・PS4・Steam・スマートフォン

CERO   :B

値段   :スマホ版 2,440円(税込)、スマホ以外 3,520円(税込)

となっています。

値段的にみると、スマホ版は少し高め、それ以外のプラットフォームはリメイク作なので安め…と感じるでしょうか。

過去にプレイしたことがあって、好きだった方からすれば安いかもしれませんね。

「ルネサンス」は「再生」「復活」を意味するフランス語のようですので、まさに「リメイク」ですね。

リメイクにあたっての追加要素としては、

・アクションパートでは「バックステップ」や「連撃」などのアクションが追加。

・シナリオや会話パートの追加。

・クリエイションモードでタワーディフェンス的要素の追加。

など、色々な内容が加わっているようです。

プレイ感想

私自身、「アクトレイザー」が発売された時は、まだスーファミ本体を持っていませんでした。

周りの友達も「アクトレイザー」を持っている子がいなかったため、タイトルはよく知っているけどもプレイしたことがないソフトの1つでした。

興味はあったタイトルですので、単純にリメイクで遊べて嬉しいです。

完全に初見プレイとなるため、原作との比較はできません。

アクションパートは、昔ながらのアクションゲームといった感じで、私は「ノーマル」難易度で始めましたが丁寧に進んでいけば問題のない適度な難易度になっています。

考えなしに突っ込んで倒せるほど優しくなく、ある程度、敵の動きを見極めながら倒していく…そんな感じで進んでいきますね。

といっても、まだステージ1ですからね。

後半に難易度がどうなるか楽しみです。

クリエイションパートは、神として、様々な奇跡を起こしながら人間を導いて町を発展させるモードですね。

時間は掛かりますが、ジャマな岩などを破壊して道ができ、町が発展していく様は見ていて楽しいです。

街づくりは基本的にオートで行われて、どこに何の施設を建設みたいなことは出来ませんが、気が付くと結構時間経っていたりします。

新要素のタワーディフェンスも適度な難易度でいい刺激になりました。

ただ、最初のエリアの「フィルモア」の最後と思われる魔物侵攻が結構ギリギリだったので、適当にプレイしてクリアできる難易度ではなさそうです。

こちらも後半にどれくらいの難易度になってくるか楽しみですね。

アクションあり、シミュレーションあり、リアルタイムストラテジーあり、と色々なジャンルの内容が1本で楽しめるのでお得な感じがしました。

ゲームの「いいところ」・「わるいところ」

現状、フィルモアをクリアしたあたりまでしかプレイしていませんが、

ゲームの「いいところ」としては

・「神」視点での壮大で重厚なストーリー。
 人間を導いた先に何がまっているのかストーリーが気になります。

・アクション、シミュレーション、リアルタイムストラテジーと多彩なモード。
 1本で何度もおいしい内容で、やり込みがいがありそうです。

ですかねぇ。

少しずつ色々なことが出来るようになっていくのも、成長を感じれていいですね。

次に、ゲームの「わるいところ」としては

・クリエイションモードの時間が掛かる。
 町の発展は一定時間ごとに自動で行われるため、少しテンポが悪いと感じました。

・アクションパートとクリエイションパートのバランスが悪い。
 アクションがメインのゲームかと思いきや、上記のこともあり、クリエイションしている時間の方が
 圧倒的に長いと感じました。

・地域の攻略は自由にみえて自由ではない。
 ワールドマップで色々な地域に天空城を移動することはできますが、レベル不足で挑戦することが
 できないため、結局は順番通りに進めることになりそうです。

といったところでしょうか。

「天地創造」がメインのゲームと捉えた方がいい感じですかねぇ。

おわりに

以上、「アクトレイザー・ルネサンス」について概要や追加要素、プレイ感想などを簡単に書いてみました。

少しずつプレイして、ある程度進んだらプレイ日記でも書こうと思います。

今後も評価の高かったレトロゲームのリメイクが増えるとありがたいですよね。

それでは、また。

ブログ村バナー

ブログ村バナーPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる