【雑記】学生のうちにやっておいた方がいいこと【インターン質疑より】

学生のうちにやっておいた方がいいこと

こんにちは、つぐっと(@tsugutto)です。

主に大学で実施されているインターンシップ。

私も、大学に通っていた頃に受け入れて頂いた経験があります。

現在は、会社に所属するようになり、インターンを受け入れる側となっています。

更に、ここ5年ほどは、受け入れた学生さんの指導責任者的な立ち位置をしていますので、その経験から少し書いてみたいと思います。

目次

インターンの実施概要

うちの会社で受け入れているのは、短期のインターンになります。

主には、

・時期:7月~9月

・期間:1週間~2週間

・対象:大学3年生

・主な内容:仕事の一部を体験、課題の作成

となっています。

大学の夏休みに合わせて、短期間受け入れている形ですね。

短期間なので慣れる前に終わってしまう感じで、職種や会社の雰囲気を掴むくらいでしょうか。

動いている仕事の大きさにムラがあるため、学生さんにとっては、アタリ年、ハズレ年があるかもしれませんね。

ただ、インターンシップを受け入れている期間って、大体、少し落ち着いている時期なんですよね。

色々と経験させてあげたいのに、申し訳ないと思うことも多々あります。

大学生のうちにやっておいた方がいいこと

インターン期間中に、学生さんから色々な質問がされます。

その中で、ダントツ1位で聞かれる質問がこちらですね。

「大学生のうちにやっておいた方がいいことはなんですか?」

ほぼ、100%聞かれますよね。

いつも、学生時代を思い出しながら、反省点を交えてアレコレと回答しますが、変わらずに答えている内容を書いておきたいと思います。

・旅行をしよう

・本を読もう

・人脈を広げよう

以上の3点です。

ひとつずつ、みていきましょう。

旅行をしよう

人生で一番自由な時間があるのが大学生の時だと思います。

特に、海外への長期旅行などを実行しやすいのは大学生の時です。

行きたい場所、食べたい食べ物、参加してみたい行事など、色々と体験して見聞を広げるのはいいことだと思います。

社会に出て、色々な方と話をするときに、知識として知っているのと、実際に体験したことがあるのでは、大きな差が生まれます。

ぜひ、色々な場所への旅行を通じて、実体験を増やして頂きたいと思います。

とはいえ、コロナ禍の現在においては、中々難しいことかもしれませんね。

本を読もう

時間がある時に本をたくさん読みましょう。

自分の興味のある分野、自分が就こうと思っている仕事の分野、世間で話題になっている本、なんでもいいと思います。

本を読まずに、ゲームやマンガばかり読んでいると、私のようなボキャブラリーが貧困な大人になる可能性があります。

たくさんの本を読むことで、知識のインプットに繋がりますし、蓄えた知識をアウトプットすることで語彙力(言葉の知識・言葉を使いこなす能力)の強化につながっていくと思います。

今は電子書籍もありますので、スマホなどでも読めるので便利ですよね。

人脈を広げよう

大学には色々な人が集まっています。

授業の班(同じ学科)、サークル活動(他学科)、研究室活動(異学年)、バイト(社会)、学外活動(他大学)、などなど。

自分から動けば色々な人と知り合う機会があります。

色々な人と積極的に交流することで、将来すすむ道を考える際にも、様々な視点からの刺激を得られ、今まで想像もしていなかった方向性が見えてくると思います。

大学生のうちにやっておいた方がいいこと まとめ

何かと自由な時間と行動がとれる学生時代。

よく言われていることかもしれませんが、

・いろいろな所へ旅行して

・たくさんの本を読んで

・さまざまな人と繋がる

のは学生のうちにしておいた方がいいこととして伝えています。

いかがでしょうか。

唯一、ネックになるのはお金だと思います。

うまくお金を調整する方法をみつけ、時間がある時に様々なことに取り組むことが

後々、役に立ってくると考えています。

それでは、また。

ブログ村バナー

ブログ村バナーPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる