【購入】ロジクール G703h(ワイヤレスゲーミングマウス)【レビュー】

こんにちは、つぐっと(@tsugutto)です。

今回は、最近新しく購入したマウスについてです。

最近、マウスの反応が悪くなってまして、電池切れかな?と思って電池交換したり、掃除したりしてみたんですが改善されず。

もう、5年くらい使っていたと思うので、思い切って新しいマウスを買うことにしました。

目次

ロジクール Logicool G703h 概要

購入したマウスは、ロジクール(Logicool)のワイヤレスゲーミングマウス「G703h」です。

ロジクール G703h 外箱

製品の概要としては

・製品名:ロジクール G703h

・発売日:2019年8月26日

・値段:12,320円(税込)

・接続方式:無線(2.4GHz)

・電源:充電式

・電池寿命:35時間(LEDあり)・60時間(LEDなし)

・大きさ:W68mm×H43mm×D124mm

・重さ:95g

以上のような感じです。

箱から出した内容物はこちら。

内容物一式

本体と、レシーバーと、USBコード、説明書、シールですかね。

最近は、色々なメーカーでステッカーシール付属している気がしますね。

G703h vs M705

今までは、ロジクールのM705を使用していました。

G703hと外観を比較してみます。

G703h(左) と M705(右)

M705に比べると、G703hは一回り大きくなった感じでしょうか。

幅は、G703hの方がスリムですね。

M705(左) と G703h(右)

正面方向からの比較です。

わかりにくいですが、高さはG703hの方が高いです。

G703hの左正面

ボタンは、右側には無く、左側に「進む」「戻る」の2ボタンです。

シンプルですね。

何個もボタンが並んでいるゲーミングマウスも憧れますが、ほぼ使わないので、私にはこのボタン数で十分です。

G703hの使用感

まず、G703hは、本体に電池が入っていないので軽いですね。

M705は、単三電池を2本本体に入れるタイプだったため、余計に軽く感じます。

慣れるまで少し掛かりそうです。

握った感じは、高さがあるので持ちやすいですね。

大きさは、大きすぎるということはなく、M705と比べても違和感なく使えます。

むしろ、長くなった分、手の中にフィットする感覚が増しました。

充電は、付属のUSBコードを本体に直接さしてするのですが、充電中も有線マウスとして利用可能ですね。

使用を止めると、一定時間で節電モードに切り替わるようです。

再び動かすと、ホイールの部分のLEDでマウスの電池残量を知らせてくれます。

LED機能をオンにしていると、ロゴとホイールの部分がカラフルに光ります。

青色に光ったG703h

青色だったり。

赤色に光ったG703h

赤色だったり。

緑やオレンジ、ピンク、紫など、次々と色が変わります。

綺麗ですけど、そのうち飽きそうですね。(何てことを言うんだ

後は、使いながら慣れていけば・・という感じでしょうか。

不満は特にないです。

G703h まとめ

ロジクールのゲーミングデバイスのひとつ、ワイヤレスゲーミングマウス「G703h」。

いかがだったでしょうか。

シンプルな製品なので個人的に気に入っています。

在宅ワークも増えてきた今、感度の高い、無線マウスをお探しの方は候補の一つにしてみてもいいんじゃないでしょうか。

それでは、また。

ブログ村バナー

ブログ村バナーPV

PVアクセスランキング にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる